新潟で豊かで快適な暮らしを叶える、無垢材でつくる光と風と暮らす家。光建工の家づくりは自然素材を使い、パッシブデザイン・性能にこだわった自由設計。新築住宅、リフォーム・リノベーションを御提案しています。

幸せの家づくり研究所 有限会社光建工

パッシブデザイン住宅

パッシブデザイン住宅

「強くてちょっとカッコイイ家」をテーマにした、光建工の家づくり。
デザインだけではなく、強さと省エネにもこだわった家づくりが特徴です。

  • 自然エネルギーの活用
  • 本当の省エネ住宅
  • 高い質の室内環境
  • パッシブデザイン住宅イメージ1
  • パッシブデザイン住宅イメージ2
  • パッシブデザイン住宅イメージ3
  • パッシブデザイン住宅イメージ4
パッシブデザイン住宅外観

建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、高い質の室内環境を実現させながら省エネルギーに寄与しようとする建築設計の考え方とその実際的手法がパッシブデザインの考え方です。

2020年の改正エネ基準や低炭素住宅社会の実現を目指して、今このパッシブデザインに全国の真面目な工務店が取り組み始めています。

  • 光建工のコンセプト
  • 家造りの流れ

パッシブデザインへの取り組み

省エネは工法や断熱だけでなく、設計手法も重要です。断熱仕様だけを上げた家づくりを行った結果、夏暑い家になってしまったという事例が全国各地で出ているのをご存知でしょうか?
本当の省エネ住宅を造るのであれば断熱だけではいけません。以下の項目をパッシブデザインの設計手法により、クリアした家造りを行うことが、「本当の省エネ住宅」をつくることになります。

  • 断熱・気密工事

    断熱・気密工事
  • 日射遮蔽・日射取得

    日射遮蔽・日射取得
  • 自然風利用

    自然風利用
  • 昼光利用

    昼光利用
  • 日照熱利用暖房(蓄熱利用・パッシブソーラー)

    日照熱利用暖房

しっかりと計算やシミュレーションに基づいた、根拠のある、
より現実との差が少なく成功確率の高い「快適で心地よい、本当の省エネ住宅」目指しています。

温熱計算

外皮平均費流率(Ua) 0.5 W/m2K
冷房期の平均日射熱取得率(na) 0.6 %
単位温度差あたりの外皮熱損失量(q値) 164.7 W/K
単位郷土あたりの冷房期日射熱取得料(mc値) 2.15 W/(W/m2)
単位郷土あたりの暖房期日射熱取得料(mH値) 8.57 W/(W/m2)
熱損失係数(Q値) 1.87 W/m2K
夏期日射取得係数(u値) 0.019

1次消費エネルギー

1次消費エネルギーイメージ

光熱費シミュレーション

光熱費合計(消費分)
145,406円

発電による売電売上
0円

パッシブハウスの年間光熱費予想額
145,406円

1次エネルギー消費量と年間費用

日照3Dシミュレーション

日照3Dシミュレーション

通風計画

通風計画

ページの先頭へ戻ります